無敵?!引越しの交渉術

心付けはいくら渡す?

日本では欧米などと違って感謝のチップなどの習慣がありません。
それでも引越しの際などにチップというか心付けというものを渡す方も少なくないようです。
しかし引っ越し業者のなかには心付けがいらないと宣言しているものもあるように、本来は必要ないとされています。
それもそのはず、引っ越し料金のなかには働く方々の給料分がふくまれていますので、それ以外のものは必要ないわけです。
しかし場合によっては作業が大変な場合などもあり、そのような際には心遣いとしてある程度の料金を渡すこともあります。
景気が良かった時などには一人ひとりに数万円という場合もあったようですが、現在ではひとつにつき2,3000円というのが相場のようです。
またそのような金額ではなく、作業中のお茶やジュース、お弁当などの現物支給をする場合もあるようです。
これらのチップの渡すタイミングも非常に重要なようで、先に渡そうとすると拒否されることがおおいようです。
しかし場合によっては先に渡すことによって作業員のモチベーションを上げてもらうことができたり、本来ないはずのサービスをしてもらったりということもあるようです。
しかしよくあるのが作業をしてもらった後に、お疲れ様でしたというような気持ちを表すためにお小遣いを渡すということが多いようです。
また夏休みや冬休みなどには若い学生さんたちがいて、子供のように思えて思わず渡してしまったという方もいます。
チップには規定というものがありませんので、自由に行うと良いでしょう。

注目度がUPしている引越しの参考になるネタはすぐわかるこのサイトが手軽で便利です

Copyright (C)2017無敵?!引越しの交渉術.All rights reserved.